« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月25日 (土)

1歳8ヶ月 多語文

最近多語文がすごいhappy01

「買い物行くよ。パンとコーヒー買うよ」
というと
「ちーちゃん,ゼリー,ぶどう!」
「ぶどうのゼリー買うの?」
「うん!やったー!」


とか
しまじろうのDVDをキッチンまで持ってきて
「しまじろう みるー!」とか

アンパンマンの顔のパンを44ちゃんが水曜日に持って帰ってきて
木曜日にちっちが食べて
金曜日にアンパンマンのパンの絵を見て
「アンパンマン!パン!ちーちゃん(食べる真似して)とーと あーとheart いるー!」
(訳:アンパンマンのパン,私食べた。お父さんありがとう。今日もいる!)

両手で鼻をほじって両手に鼻くそがつく。
「ちーちゃん,鼻」という。
「あーあ。ばっちーなぁ。拭くから待って」といって私が右手を拭くと
「こっちも」と言って娘,左手を出す。
「はい・・・。」

なんか,普通に会話してない?w

| | コメント (2)

2012年2月24日 (金)

フォークの持ち方

こう持つのが正解だって
箸に移行しやすくするんやってさ
 
へぇ〜

| | コメント (0)

ごまだんご

見つめすぎやろ…

| | コメント (0)

毎日こんな寝ぞう

蹴られまくり
どーにかして

| | コメント (0)

2012年2月 8日 (水)

一週間仕事休んだよ


木曜日
「ちーちゃん下痢がすごいのでお迎えお願いしますー」
の電話が職場へ朝一番にかかってきた。


おっとっと。
下痢?なんか食べたかな。


小児科予約して、とりあえず紙おしめにしないとと
(保育園は布おしめなのだ)
家に帰ると
全身シャワーをしないといけないほど・・・


「嘔吐下痢の下痢ですね。
これから熱が上がるかもしれないし
吐くかもしれません
よく見ておいてあげてください」

なにーーー!!!!!!!!!!

嘔吐下痢、よく聞くけど
私自身なったことがなかったし
その恐ろしさを知らなかった。。。。


薬剤師さんによると
嘔吐は2日
下痢は1週間続くらしい。


なーーにーーー!!


うちの職場でも嘔吐下痢で欠席の子がいたっけ。
今はインフルエンザと嘔吐下痢が流行ってるんだって。

インフルか、インフルかとどきどきしていたけど
まさかノーマークの嘔吐下痢とは。


金曜日には下痢が1回になったけど
食欲が全くなく
すぐに
「ごとまちた!」←ごちそうさまでした


なんでよー!食べないと元気になれないよ~なんて思っていたんだけど・・・

その後39度以上の熱
ダイアップ(熱性けいれん止め)を挿入。
下痢してるのに座薬ってどうなん??
・・・。


心配で心配で
一日中抱いて
一日中ぐったりの、初めて見るぐったりの娘を見て
早く元気になってほしいと思ったのもつかの間・・

日曜日
なんかあたい、気持ちが悪いんですけど
つわりではないんですけど、すごい気持ち悪いし
胃が痛いんですけど。


熱は38度6分くらいまで上がり
鼻とか喉とか全く変化なしなのに
かなりしんどくて

耳鼻科に行ってインフルの検査したけど
マイナス。
総合風邪薬もらって帰ったけど
気持ち悪い、吐きそう。

月曜日、内科に行きましたが
かなり傲慢な感じの女医さんに
「そんな薬意味ないわよ」←耳鼻科でもらったヤツ  と言われ
「2日間くらいは食べないでください、水分を少しずつ取ってください。
リンゴすったりね、ミカンは不消化だからだめよ、知ってるわね」みたいな感じで言われ。。。。


もしかして
娘も吐きはしなかったけど
気持ち悪かったのかしら。。。
食べない方が良かったのかもしれない。。。


と反省。


金切り声で泣き叫び
イヤイヤいう娘に
イヤイヤ期だ、はぁーと思っていたけど
体調不良が助長させていたのかもしれないと
またもや反省。


そして水曜日の今日は
娘もお休みさせて
(私が死んでいたので月火は保育園。ごめん娘)
一日、できるだけ娘のことを受容してすごしたけど

イヤイヤ
あっち!だっこ!
いやあああああああああ!!!

と言う娘に

・・・(しろめ

こんなに娘にイライラして
母親として失格なのではないかと凹み
ブログ更新なうでございますw


娘が
「あーたんの!」って言って
私の服を着ていて
かわいいので
これを自分の癒やしとして
アップさせていただきやんす☆

| | コメント (4)

いちいち


食卓の椅子に登ってするの

やめてくれんかね

| | コメント (2)

2012年2月 7日 (火)

雛人形

出したー!

| | コメント (2)

2012年2月 4日 (土)

だだをこねる

いっちょまえになりやがって…

| | コメント (2)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »